【おしらせ】 不定期ながら活動して参りました映画Podcast「ポッドキャストでつかこ※う※へ※い」は3人の度重なる議論の末、ある一定の水準に達したという結論に達し、解散の運びとなりました。永きにわたる御愛顧、誠にありがとうございました。 なお、活動母体として使用していたSeesaaブログは存続しますが、今後の更新は予定していません。Twitter、Facebookページ、Mixcloudは7月末日を持ちまして、運営を終了します。 何卒、ご了承くださいませ。

2011年08月31日

村山1人語り「ザ•タウン」

村山です。
いつまで続くか分からないこのブログ。1人で燃え尽きます。
真っ白にな…。へへっ。(矢吹)

1人映画評です。映画はこちら。
「ザ•タウン」

266-1.jpg


あらすじ
広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街、米チャールズタウン。
そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めて、その街を“タウン”と呼んでいた。
強盗を親から子へと家業のように引き継がれてゆくこの街から抜け出そうとする主人公。
事件が引き合わせた女性との関係が、「街の掟」を知らしめることになる…。


を観ました。

監督のベン•アフレックは、主演も脚本もやって1人3役なんです。
ちょっとこの役をやらすにはオトコ前すぎて、もったいないんですけど。
所ジョージ的に言うと、スンゴイデスネ。

オトコ映画かオンナ映画かで言うと、もうばりばりなオトコ映画です。
なにせ、「掟」とかがテーマだかんね。「裏社会」「AK27」「犯罪の手口」とか。

強盗集団のプロ!と認識させる手口の描き方が上手で、アクションの撮り方も匠。
冒頭の30分に説明くささがあるんですが、あれもやむなしかと思わせる引き込み具合。
ゾワッとしたもんなぁ、クライム感に。

FBIとの探り合いとか、闇の掟とか、彼女とのくんずほぐれつとかがあって。
それぞれが三位一体になりつつ、最終的にむかっていくのは。

街に対する土着感だったり、愛着だったりなんです。
タイトルにふさわしく「どっこい生きてる街の中!!」っていう諦めと決断ね。

もうそこにアクションにメッセージ性が組み込まれちゃったら、もう鬼に金棒です。
ミスチルに桑田けいすけで♪奇跡の地球(ほし)ってなもんですよ。

それを主人公、パートナー、巻き込まれた彼女の3人で見せてく。
無駄がねえなぁ!!

なんだかんだ言うても、この街が好き。
その雑草感は、男子ならどこかうち震えるものがあるように感じます。

あなたはどう見る?それが大事。



posted by 山本です村山ですドンです。 at 04:05| Comment(0) | 一人語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。