【おしらせ】 不定期ながら活動して参りました映画Podcast「ポッドキャストでつかこ※う※へ※い」は3人の度重なる議論の末、ある一定の水準に達したという結論に達し、解散の運びとなりました。永きにわたる御愛顧、誠にありがとうございました。 なお、活動母体として使用していたSeesaaブログは存続しますが、今後の更新は予定していません。Twitter、Facebookページ、Mixcloudは7月末日を持ちまして、運営を終了します。 何卒、ご了承くださいませ。

2011年09月20日

第2回 編集後記

編集長、村山です。
今回のカンフーパンダ評いかがだったでしょうか。

本編でも言っておりますが、第2回はなかなかのトラブルの中の収録。

山本氏仕事おしおしで録音遅れ。
どん氏午後2時までウクライナ人と飲み明かし寝不足。
エアコンのオフタイマーが自動的に1分で発動する致命的な本体不良が初秋に発生。
などなど、なんだかうまい具合にコトが進まない事態が発生しまくりでしたが。

額に汗して論じた結果、1時間を超える語り下ろしになりました。
泣く泣くおとした「くだり」がありましたので、箇条書きにまとめておきますね。

■3Dメガネ、アルパークはメガネonメガネ対応モデル。そんなに違和感ない(村山)
■3Dメガネ、ワーナー段原は100円購入式。持ち込めば+300で見れます(山本)
■3Dメガネ、バルト11はただののっけるタイプ。見た目は「近未来みたいなの」(どん)
■1を観た人間からすると、2はアクションが増えている分、大味な印象も(村山)
■回想シーンのアニメーションは、日本風のタッチでちょっと違和感を覚えた(どん)
■アクションシーンだけでなく、ヒューマンドラマとして楽しめる要素も(どん)
■密かに声優陣はアメリカ版、豪華。ただ、劇場ではほとんど字幕で見れない(全員)

全体的にみんな今回に関しては意見がわかれることもなく、好印象でしたね−。
なめんなよ!!Viva!ドリームワークス!!

さ、次回の映画が早々に決定しています。こちら!!

「モテキ」

moteki.jpg


9/23(金)から公開ですね。森山未來主演。
マンガからドラマ化でついに映画化。
90'sポップスへオマージュがはんぱないことからタワーレコードは、最近猛プッシュです。

次回は、10月中旬の収録、更新を予定しています。
みなさんも観てください!そして聞いてください!
見て、黙ってらんねーぜ!となったらPodcastへの参加表明もお待ちしています!

あなたはどう見る?それが大事。
posted by 山本です村山ですドンです。 at 01:31| Comment(0) | 編集後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。